menu

公認心理師 国試対策 京都コムニタス

Psychology Prep School

公認心理師1期生として、
   先人たちの志を継ぎ、
      臨床心理の新しい時代を創る

そんな心の専門家を、
      共に目指しませんか。

京都コムニタス
辰已法律研究所

公認心理師 国試情報

資格名  公認心理師
分類  国家資格 
根拠法  公認心理師法(2017年9月15日施行) 
所管  文部科学省・厚生労働省(共管) 
分野  保健医療/福祉/教育/産業·労働/司法,犯罪 
指定試験機関  一般財団法人日本心理研修センター 
試験期日  2018年9月9日(日) 
試験地 

北海道、宮城県、東京都、神奈川県、愛知県、大阪府、兵庫県、
岡山県、福岡県 

出題形式  五肢又は四肢択一を基本とする多肢選択形式 
出願期間  2018年5月7日(月) ~6月1日(金)消印有効 
合格発表  2018年11月30日(金)午後 
受験手数料  28,700円 

公認心理師となるための心要科目

まず、公認心理師試験受験資格は公認心理師法第七条において、

  • 1号:大学+大学院で所定の科目を修めて卒業・修了したもの)
  • 2号:大学で所定の科目を修めて卒業+所定の期間・施設での業務に従事した者

に与えられるとされています。
そして、必要な科目は文部科学・厚生労働省令で定めることが規定されています。

省令は「平成29年文部科学省・厚生労働省令第3号”公認心理師法施行規則”」となり、大学・大学院においてそれぞれ下記の科目が記載されています。

大学における必要な科目名

  1. 公認心理師の職責
  2. 心理学概論
  3. 臨床心理学
  4. 心理学研究法
  5. 心理学統計法
  6. 心理学実験
  7. 知覚・認知心理学
  8. 学習・言語心理学
  9. 感情・人格心理学
  10. 神経・生理心理学
  11. 社会・集団・家族心理学
  12. 発達心理学
  13. 障害者・障害児心理学
  14. 心理的アセスメント
  15. 心理学的支援法
  16. 健康・医療心理学
  17. 福祉心理学
  18. 教育・学校心理学
  19. 司法・犯罪心理学
  20. 産業・組織心理学
  21. 人体の機能及び疾病
  22. 精神疾患とその治療
  23. 関係行政論
  24. 心理演習
  25. 心理実習

大学院における必要な科目名

  1. 保健医療分野に関する理論と支援の展開
  2. 福祉分野に関する理論と支援の展開
  3. 教育分野に関する理論と支援の展開
  4. 司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開
  5. 産業・労働分野に関する理論と支援の展開
  6. 心理的アセスメントに関する理論と支援の展開
  7. 心理支援に関する理論と実践
  8. 家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践
  9. 心の健康教育に関する理論と実践
  10. 心理実践実習(450時間以上)

京都コムニタスによるカリキュラムの範囲選定について

公認心理師法7条と附帯決議2では、国家試験について第1号(大学院修了者)と第2号受験者(学部卒業+実務経験者)は平等に書かれており、法的には2号受験者を不平等に扱うことはできません。

そのため、知識問題として出題するのは大学で学ぶ内容まで、事例問題に関しては大学院で学ぶ内容と実務経験で学ぶ内容から出題すべきという議論が、厚労省カリキュラム検討会WIでなされました。

それを受けて、カリキュラム検討会の報告書では試験科目は特に定めず、ブループリントで範囲を定めるという形になっています。

このことから京都コムニタスは、大学における必要な科目にフル対応した講座カリキュラムを設定しました。

京都コムニタスによる公認心理師試験対策カリキュラム科目

  1. 心理学概論/社会・集団・家族心理学
  2. 知覚・認知心理学
  3. 学習・言語心理学/感情,人格心理学
  4. 発達心理学
  5. 神経・生理心理学
  6. 心理学研究法/心理学実験
  7. 心理学統計法
  8. 臨床心理学概論①
  9. 臨床心理学概論②
  10. 心理的アセスメント①
  11. 心理的アセスメント②
  12. 心理学的支援法①
  13. 心理学的支援法②
  14. 障害者(児)心理学
  15. 人体の構造と機能及び疾病
  16. 精神疾患とその治療
  17. 健康・医療心理学
  18. 福祉心理学
  19. 教育・学校心理学
  20. 司法・犯罪心理学
  21. 産業・組織心理学
  22. 公認心理師の職責
  23. 関係行政論事例対策①
  24. 事例対策②