menu

公認心理師 国試対策 京都コムニタス

 公認心理師試験
  全科目フル対応!

 十余名の各領域専門家が
試験対策講座全国模試
 を実施します!

2.公認心理師になるには

公認心理師になるには、国家試験に合格しなければなりません。試験については、公認心理師法第二章に記されています。

第四条
 公認心理師試験(以下「試験」という。)に合格した者は、公認心理師となる資格を有する。
第五条
 試験は、公認心理師として必要な知識及び技能について行う。
第六条
 試験は、毎年一回以上、文部科学大臣及び厚生労働大臣が行う。


公認心理師と名乗るには、
第三章
第二十八条
 公認心理師となる資格を有する者が公認心理師となるには、公認心理師登録簿に、氏名、生年月日その他文部科学省令・厚生労働省令で定める事項の登録を受けなければならない。

と記載があり、登録制であることがわかります。試験に合格後、公認心理師登録簿への登録を受け、登録証が交付され「公認心理師」と名乗ることができます。申請してからしばらく時間がかかりますし、登録料もかかります。

また「名称の使用制限」もあり、名称独占資格であることがわかります。
第四十四条
 公認心理師でない者は、公認心理師という名称を使用してはならない。
 2 前項に規定するもののほか、公認心理師でない者は、その名称中に心理師という文字を用いてはならない。

ただし、公認心理師は「業務独占資格」ではなく、臨床心理士と業務内容は重なっても問題はありません。